MirandaIM --- Japanese FAQ ---


検索ワードのうち が当てはまるもの


設定の基本



コンタクトリストのバックアップの仕方

Mirandaをインストールしたディレクトリに、「ユーザ名.dat」というファイルがあります。このファイルにコンタクトリストおよび過去ログが入っていますので、これをコピーして置けばバックアップとなります。

コンタクトリストへICQユーザを追加するには?

  1. 「M->コンタクトリストへの追加」を選択
  2. [Search on:]を[全てのネットワーク]から[ICQ]に変更します。
  3. 検索キーワードを入力
  4. [検索]をクリック
  5. 検索結果から目的のユーザを捜す
  6. [ユーザを追加]をクリック

検索結果の表示上限は20件です。このため、目的とするユーザが検索されない場合が多々あります。検索結果は毎回若干変わりますので、何回が検索を行えば表示される可能性があります。

また、拡張検索を行い検索範囲を狭めることで、発見しやすくなります。たとえば「すんでいる場所->Country」にて[Japan]を指定することで、より見つけやすくなる場合があります。

[Gender]や[Age]に関しては偽っている人が多いのであまり当てにしないほうがよいでしょいう...

アイコンを変えるには?

  1. http://www.miranda-im.org/download/index.php?action=display&id=35などからアイコンセットをダウンロードします
  2. Mirandaのあるディレクトリにiconsというディレクトリを作成し、そこにファイルを展開します
  3. 「M->設定->コンタクトリスト->アイコン」を選択します
  4. 「アイコンを設定する>>」をクリックします
  5. 「アイコン集を選択」をクリックし、アイコンファイルを選択します
  6. 使用したいアイコンをドラッグし、変更したいアイコンの上にドロップします

コンタクトリストへMSNユーザを追加するには?

  1. 「M->コンタクトリストへの追加」を選択
  2. [Search on:]を[全てのネットワーク]から[MSN]に変更します。
  3. メールアドレスを入力します
  4. [検索]をクリックします
  5. 検索結果には1件しか表示されませんので、それを選択します
  6. [ユーザを追加]をクリックします

実は、MSN mesengerにはユーザの検索という機能が提供されていません。このため、MirandaIMでは検索時に入力するメールアドレスをそのまま表示するような感じになっています。

無視リストはあるの?

無視の機能を使用するには、「M->設定->イベント->イベント無視設定」にて行います。

そこにはコンタクトリストの内容が表示されています。ここで、メッセージ/URL/ファイル/オンラインと4種類のイベントが発生したときの動作について設定できます。

各ユーザに対して設定したいイベントアイコンを表示させると、そのユーザの指定したイベントに関しては、動作を行いません。

また最上位にある「非登録ユーザ」と「登録ユーザ」は一括で処理を行ってくれます。

MSNユーザに関するURLの無視設定は現状ではサポートしていません。

新しいプラグインをインストールする方法

下記の手順でプラグインをインストールします。なお、プラグインをインストールやアップデートする場合は、Mirandaを終了する必要があります。

  1. プラグインを解凍し、Mirandaのインストールされているディレクトリ内にあるpluginsディレクトリにコピーします。(例: c:\Program Files\miranda\plugins)
  2. Mirandaを起動します。
  3. 「M->設定->プラグイン」にて該当するプラグインにチェックが入っていることを確認する
  4. チェックが入っていなければチェックを入れて、Mirandaを再起動する。

設定画面が文字化けを起こします

設定画面などで、日本語文字が正常に表示されない可能性があります。この現象は、特にWindows98/Meにて発生することが多いですが、w2k/XPでも発生する場合があります。

その様な場合は、Option Font pluginを導入してください。ほとんどの場合は、これで解消することができると思います。

導入後、以下の操作を行ってください。

  1. MirandaIMを起動する。
  2. M->設定の[プラグイン]->[設定画面のフォント]を選択する。
  3. [設定画面のフォントを変更する]をクリックし、日本語のフォントを指定する。
    "MS UI Gothic"や"MS ゴシック"などの日本語フォントを指定してください。
    [文字セット]の項目が「日本語」となっているかどうかも確認してください。
    なお、"MS UI Gothic"の"標準"スタイルで、サイズを"9"とするのが、お勧めです。
  4. [設定画面以外のフォントも可能な限り変更する]にチェックを入れます。
  5. [OK]ボタンを押し、変更を反映します。
Miranda IM本体の場合

Miranda IMでは、使用するフォントのデフォルトが「MS Shell Dlg」となっています。これは、MSの文章によれば各言語ごとに適切なフォントを指定し、使用してくれることになっています。しかし、Windows95/98/Meでは、なぜか英語のフォントが指定されてしまうようです。

Miranda IM osakana.netバージョンでは、「MS Shell Dlg」となっている個所を「MS UI Gothic」などの日本語フォントに変更することにより、Windows98/Me環境においても正常に表示されるようになっています。

各プラグインでの場合

いくつかのpluginを使用すると、それぞれにおいて、文字化けが発生することがあります。こちらはいくつか場合があります。

  1. フォント指定が「MS Shell Dlg」となっている
  2. フォント指定が「MS Sans Serif」となっている
  3. そもそも2bytes文字対応を考えていないつくりになっている

フォント指定の問題である場合は、dllのリソースファイルを直接書き換えてしまうことで対処できる場合もありますが、開発言語によっては書き換えが不可能だったりします。

2bytes文字対応を考えてないつくりの場合、ソースコードから変更しないとどうにもなりません。たとえば、オフィシャル版のMSN.dllがそうですね。オリジナル版ではunicode変換がASCII文字列の部分のみしか考えていない作りのため、日本語が文字化けを起こしていました。これを日本語対応させたものが、日本語対応版として非公式に数種類がリリースされています。

新しいプロファイルの作り方

  1. Mirandaのショートカットを右クリックし、プロパティを開きます
  2. ショートカットタブを選択します
  3. "C:\Program Files\Miranda\miranda32.exe"といったように書いてあるところの最後にユーザ名を追加します。
    "C:\Program Files\Miranda\miranda32.exe" username
  4. [OK]を押し変更を反映させます
  5. ショートカットをクリックしMirandaを起動させます

なお、mirandaboot.iniの設定により、上記手順だけでは作成されない場合もあります。このような場合、以下の操作を行います。

  1. mirandaboot.iniをテキストエディタで開きます。
  2. mirandaboot.ini内の「AutoCreate」という項目を探します。
  3. 「AutoCreate=no」となっている場合は「AutoCreate=yes」に変更します。
  4. 編集したファイルを保存します。

特定のユーザに対して不可視にするには?

「M->設定->状態->ユーザの表示設定」にて設定します。

そこにはコンタクトリストの内容が表示されています。ここでは、自分が不可視モードの時に、特定の相手に対しては常に可視で見せたい場合、また、逆に、自分が通常の状態であったとしても、特定の相手に対しては常にいないように見せたい場合の設定を行います。

もしくは、Visibility menuitem pluginを使うと簡単に変更することができます。

なお、この機能はMSNユーザに対しては動作しません。なぜなら、MSNプロトコルではこのような機能をサポートしていないからです。

プロファイルを選択してMirandaを起動するには?

  1. Mirandaのショートカットを右クリックし、プロパティを開きます
  2. ショートカットタブを選択します
  3. "C:\Program Files\Miranda\miranda32.exe"といったように書いてあるところの最後にユーザ名を追加します。(.datの拡張子は不要です)
    "C:\Program Files\Miranda\miranda32.exe" username
  4. [OK]を押し変更を反映させます
  5. ショートカットをクリックしMirandaを起動させます

受信・送信メッセージが文字化けします

メッセージの送受信画面の標準設定で、フォント指定がMS Sans Serifになっていたりします。このため、文字化けを起こしています。

本体標準のウィンドウの場合

M->設定->イベント->メッセージ履歴にある"フォント指定"にて、各設定のフォント指定を行ってください。

Conversation style pluginかnConvers pluginを使用の場合

Mメニューの設定にはフォントの設定項目がありません。

メッセージウィンドウを出して、そのタイトルバーを右クリックすると表示される「設定」にてフォントの指定を行ってください。

詳細に関しては、こちらを参照してください。

SRMM系Pluginを使用の場合

M->設定->メッセージ履歴にある「フォント指定」にて各画面用フォント設定にて、それぞれ日本語フォントを選択します。

入力メッセージが文字化けする場合は、この設定項目の「入力メッセージ」にて日本語フォントの指定を行っていないことが原因の大半です。なお、設定画面の「入力メッセージ」という文字列が文字化けしていることがあります。その場合は、表示されているもの全てに対して日本語メッセージを指定してください。

ファイアウォール越えでMirandaを使うには?

  1. Firewallにtcp接続として20ポート、穴をあけます。たとえば6000番〜6019番という形でFirewallの設定を行います。
  2. 「M->設定->ネットワーク」の「直接接続に使用するポートを指定する」のチェックを入れます。
  3. 先ほど設定した数字を「6000-6019」といった形で入力します。
  4. ICQを一度オフラインにし、再接続します。

コンタクトリスト上でグループ分けをしたいのですが

ICQ/MSN/Yahooなど各メッセンジャー毎にユーザを分けて表示したい場合などは、グループを作成し、そこにユーザを登録することで分けて表示することができます。

  1. コンタクトリストを表示する
  2. 文字が表示されていない部分を右クリックする
  3. メニューから[新しいグループ]を選択する

Mirandaを終了させるのにはどうすれば良いですか?

標準状態のコンタクトリストでは「×」が表示されています。これをクリックすれば終了しそうな気がしますが、実際には、コンタクトリストが閉じるだけで、Mirandaは動作しています。

Mirandaを終了させるにはメニューから終了を選ぶ(M->終了)必要があります。

コンタクトリスト上の「×」から終了させたい場合は、MinimizeButton pluginをインストールします。

ICQサーバのコンタクトリストを使用するにはどうしたらよいですか?

ICQ2000などでサポートされている、コンタクトリストをサーバ側に保存する機能にもMirandaIMは対応しています。ただし、標準設定では使用するようになっていないので、設定変更を行う必要があります。

  1. M->設定を選択します
  2. ネットワーク->ICQ Contactsを選択します
  3. 以下の項目にチェックを入れます。
  4. [次回接続時にサーバからコンタクトリストを取得する]のボタンを押します
  5. [OK]ボタンを押し、設定を終了します

MirandaIMを起動した時のステータスってどうやって決まるの?

MirandaIMは起動時に「前回終了したステータス」で起動するようになっています。

なお、プロファイル新規作成時は必ず「オフライン」で起動します。

1つのMirandaで複数アカウントを使用したいのですが?

Jabber pluginでは複数アカウントの登録に対応しています。

  1. pluginsフォルダにあるjabber.dllを別の名前でコピーする。
    例えば、jabber2.dllなどという様にします。
    コピーした数だけ対応しますので、Jabberを3アカウント使いたい場合は「jabber.dll、jabber1.dll、jabber2.dll」と、3つのファイルがpluginsフォルダにある、という形になります。
  2. Mirandaを起動します
  3. M->設定->ネットワークにJabberが複数現れますので、それぞれ設定を行います。
  4. [OK]ボタンを押し、変更を反映します。
by: jabber

Powered by SmartFAQ

[み〜ちゃんのICQ]